このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングメニューブロックの編集」もご覧ください。

CULTURE

TOKYO BIG HOUSEグループが目指しているのは、日本で最も働きがいのある職場です。働きがいが生まれる秘訣の一つは社員の可能性を広げる組織風土。社員自身も気付いていない自らの可能性に、全社員が多方面から関わることで、大きな成長を実現できる環境です。

働きがいのある会社ランキングとは

当社は2014年からエントリーし始め、従業員25~99名のカテゴリーにおいて、下記の順位にランクインいたしました。

2020年 20位
2019年 15位 2018年 4位
2017年 6位 
2016年 4位

2015年 2位 2014年 3位

Great Place To Work(R) Institute Japanでは、「働きがいのある会社」を次のように定義しています。

"
従業員が勤務する会社や経営者・管理者を信頼し、自分の仕事に誇りを持ち、一緒に働いている人たちと連帯感が持てる会社"

外部の人やその会社の制度の充実度で判断するのではなく、その職場で働く従業員からの評価を直接調査に反映するという手法が特徴です。Great Place To Work(R) Institute Japanは、この定義に基づいて、20年以上にわたって世界50カ国以上で「働きがいのある会社」の調査を行い、発表しています。

ランキングの詳細はこちら>(※外部サイトにリンク)

TOKYO BIG HOUSE spirit

降りる組織図

役職が昇格すると「下」に降りていくのがTOKYO BIG HOUSEグループ流。「昇格=偉くなる」ではなく、自分自身の器を大きくし、仲間を支えていくことを目指す。「最も人を支えることができる人」それが、私たち組織の尊敬される姿。

仕組みではなく風土

「仕組み」は一時的に効率を促進するが、その反面人の発想や行動を制限してしまうこともある。これを「仕組みの限界」と捉えて、社内のルールを極力シンプルにし、組織風土中心の組織にしている。

アメーバの組織

アメーバ状の図がTOKYO BIG HOUSEグループの正式な組織図。形式張った組織図は存在させず、部署・階層意識をどれだけ取り除けるかに挑戦中。役職ではなく名前で呼び合うなど、どの部署・役職の人ともスムーズに仕事を進めることができる。

個人よりもチーム

個人プレイよりもチームで協力することを推奨。結果的に個人ではつくることができなかった成果以上の結果をつくり、働く体験そのものが、チームや会社への誇りに繋がる。人に指示するだけでなく、誰もがやりたくなるように巻き込むのがリーダーの役目。

TOKYO BIG HOUSE DNA

クレド

企業理念の浸透を意図した、DNAプロジェクトを実施。その一環としてTOKYO BIG HOUSEが会社として大切にしていること(DNA)を記載したポケットサイズのクレドを全スタッフに配布。企業ミッションや行動指針だけでなく、全グループの今期のコミットメントを記載。

お楽しみ様です!

「お疲れ様です」ではなく、「お楽しみ様です!」。仕事や毎日はそもそも全部楽しいもの。そう思い出させてくれる合言葉。「おたっす!」としてスタッフ全員に定着している。

シェアタイム

シェアは業務内容の共有以上に優先される。「一緒に働く仲間は、どんな想いで働く人なのか?」を知ることで、関わり合いが生まれ、結果的に業務の生産性が上がると考える。朝礼、終礼のほか、業務中にもシェアタイムを設けている。

ポリシーブック

「TOKYO BIG HOUSEは言葉でできている」というスタッフ向けの冊子。スタッフに求められる行動指針を、実際のストーリーで表現し、日々の仕事や行動、判断のヒントにしている。「言葉」が「文化」をつくる会社。

Events & Workshops

スタート会

月に1度のキックオフ会。全スタッフを対象に、事業成績の共有が表彰があり、代表からのメッセージが話される場。会の中では「シェア」が中心に行われ、隣の人がどんな考えを持った人なのか、どんなことを考えながら仕事をしているのかを知る機会をつくっている。

BIG ONE合宿

全グループスタッフ参加の1泊2日の社員旅行。新卒・中途内定者の参加も大歓迎。これまでに伊豆大島や静岡へ。バスの席を毎回チェンジしたり、チームワークが必要なアクティビティをたくさん設け、スタッフ同士の関わりを深める機会となっている。

TBH セッション

社長や職場環境への不満、提案、素朴な疑問など、何でも意見できるのが「TOKYO BIG HOUSEセッション」。3カ月に1回スタッフ全員が自由に参加できる。意見がないスタッフも、経営陣の考えを知ることができたり、情報を得たりする機会として参加することを楽しみとしている。

サンクスカード

「スタッフがより互いの価値を認め合い、尊重し合い、働きがいを感じる」ための取り組み。自分が会社やチームに貢献しているということを、他者からの感謝のメッセージで実感できる。社員同士で、その人がいて助かったこと、すごいと思っていることなどを書いて送り合う。
%MCEPASTEBIN%

Power of Growth

資格取得支援(宅建)


宅地建物取引士の資格取得を推奨。社内でのテキスト・ビデオ教材の無料提供、SNSでの勉強支援、試験受験料などを会社で全額負担している。資格の取得支援のほか、教育研修も充実させている。新入社員は内定者のうちからフォローをしている。

ドラゴンボール休暇


社員のアイディアから生まれた長期休暇制度。必ず毎年1回、最大10日間の連続有給がスタッフ全員に与えられる。新しい挑戦をすることで自分の人生をより豊かにし、常にわくわくする人生をつくるための休暇。2016年はハワイ、2017年はタイへ。

短時間正社員制度


短時間正社員制度は現在6名が活用中(その他2名が産休中)。子育てをしながら勤務しているスタッフが数多く活躍し、現在はおよそグループ全体の28%が子供のいるスタッフ。現在までに11名が活用。最も短い勤務時間設定では11~16時となっている。

オフィスに
捉われない勤務

内勤職は、基本的に全員がリモート勤務をし、週1〜2回本社に出勤。通勤時間をなくし、業務効率や生産性の向上を意図している。オフィスには、より明確な目的を持って集まることで、よりよい連携を目指している。


ENTRY
_____
 
Copyright © TOKYO BIG HOUSE, Inc. All rights reserved.

TOKYO BIG HOUSE株式会社は、
ケイアイスター不動産株式会社(東証一部上場 3465)のグループ企業です。